あなたの役に立ちそうな、健康情報に関する情報を代わりに集めてきました。更に専門エディターの切り口から、記事ごとに感じたコメントを紹介していきます。

色々な視点からの情報があってこそ、「健康という大きなテーマ」に対して役立つものになるのでは?と考えているのが、『健康情報辞典』のサイトコンセプトです。

[Q&A]腰痛から全身への痛み、疲労感

[ご質問]
昨年の五月ごろから腰痛が出始め、整形外科に行ったのですが、人並みの側湾で特に異常はないということで、薬を飲んでいました。しかししばらくすると、足(特に右足)にも鈍痛が出てきて、足がつることも多くなってきました。秋には痺れが出てきました。その頃からリハビリで下半身の筋肉を鍛えることもしていたのですが、良くなるどころか悪くなる一方で、冬には足の感覚がだんだん鈍くなっていました。寒いときには足がうまく動かず、歩くのが困難でした。春には右腕、ひどいときには口や舌にも麻酔のような痺れを感じます。(痺れというよりも感覚がない感じです。)今年の春に腰のMRI、脳のCT、血液検査を行ったのですが、悪いところは見つかりませんでした。六月に整形外科内のカイロプラクティックに通い、最初は少し良かったのですが、すぐに鈍痛や痺れが再発するようになったため、行かなくなってしまいました。横になってもだるい感じが消えず、寝てもほとんど回復しません。常に疲労感を感じ、気がつくと右足をだらんとした状態になっていて、足の芯が冷たいような感覚があります。左足も右足よりは軽いですが、鈍痛や痺れがあります。昨年の四月から合気道を週五回やっているのですが、一週間以上の休みがあっても痛みが軽減することはありませんでした。前までは重力に逆らうのもつらいくらいでしたが、今は立ち歩かなくても、何もしなくても疲れています。
合気道は少しハードでもこのまま続けたいです。夜遅く帰り、授業のため朝早く学校に行くのですが、夏休み中睡眠時間が増えて、運動量が減っても体調は改善しませんでした。どうしたら良いでしょうか。

[回答]
タイプのお身体であることが多い傾向があります。

おそらく背骨の捻転(ねじれ)が生じているのではないかと思います。まずは、ある特殊な矯正法によって捻転を取り除くことが先決です。その後、腰を含めた背骨の部分的な負担やひずみを軽減することで、痛みを減らすことが可能だと思います。

一般的にいって、カイロプラクティックは非常に有効ですが、現在、通院している所では効果が限定的なのでしたら、治療院を変えることも視野に入れてみてはいかがでしょうか。「SOT」や「AK」などのキーワードを頼りにカイロプラクティック・オフィスを探してみてください。

合気道のほうは、痛みが治まるまで控えていただくと良いですね。まずは症状を改善することが優先です。痛みが治まったら思う存分合気道に励まれると良いですね。


藤原 邦康 【米国公認ドクター・オブ・カイロプラクティック】
カイロプラクティック&ボディケア オレア成城