あなたの役に立ちそうな、健康情報に関する情報を代わりに集めてきました。更に専門エディターの切り口から、記事ごとに感じたコメントを紹介していきます。

色々な視点からの情報があってこそ、「健康という大きなテーマ」に対して役立つものになるのでは?と考えているのが、『健康情報辞典』のサイトコンセプトです。

[Q&A]手足のしびれ・動かしづらさ

[ご質問]
東京都在住の29歳会社員です。
1年ほど前、飲酒時に眠ってしまい翌日から
まずは左手の小指と薬指、数ヶ月して右手の小指と薬指がしびれるような感覚で(麻痺はしていないのですが)
キーボードをタイピングしたり、本を読む事がうまく出来ません。うまく表現できないのですが、手の全体が突っ張ったような感覚です。ちょうど運動(筋トレとか)しすぎて、うまくものがつかめなかったりする感じに似てます)痛みはまったくありません。
最近は右足も同じ感覚が出てきており、症状が広がっているため困っています。
半年前から整形外科の先生に診てもらい、首のMRIとレントゲンも撮りましたが特に異常はないと言われ、ほっておくしかない、と言われています。
このまま同じ症状が広がったり、治らなかったりするのでは?と心配です。
考えられる原因や対処方法と都内・千葉周辺で良い病院などあったら教えていただけませんか?


[回答]
左手の症状は、いわゆる、「ハナムーン症候群」あるいは、「サタデーナイト症候群」と呼ばれるものだと思われます。腕枕をしたり、腕に頭の加重をかけて眠ってしまうことなどによる、典型的な尺骨神経麻痺だと思われます。

抹消神経の症状ですので、当然、首の画像には異常は見つかりません。

右手の症状に関しては、同様の症状なのかも知れませんし、頚椎の関与も疑われます。あるいは、左手をかばうような動作によって生じたものかもしれません。実際に拝見してみなければはっきりしたことは言えません。

時間が経過していますので、治癒にもある程度の時間が必要だと思いますが、カイロプラクティック療法が有効なはずです。

お近くのカイロプラクターにご相談されることをおすすめします。


藤原 邦康 【米国公認ドクター・オブ・カイロプラクティック】
カイロプラクティック&ボディケア オレア成城