あなたの役に立ちそうな、健康情報に関する情報を代わりに集めてきました。更に専門エディターの切り口から、記事ごとに感じたコメントを紹介していきます。

色々な視点からの情報があってこそ、「健康という大きなテーマ」に対して役立つものになるのでは?と考えているのが、『健康情報辞典』のサイトコンセプトです。

[Q&A]首の痛みについて

[ご質問]
1年前の冬にスノーボードに行ったときに、
派手に転んだことがきっかけで首を痛めたと思います。(むちうちみたいな…)

その時は、大したことないと思っていたのですが、
1年経っても痛みが引かず、最近は寝違えた時のように、
強く右を向くことが出来ません。
整形外科へ行ったところ、骨には異常がないということで、
湿布?(モーラスなんとかって名前)のようなものをもらいましたが、
効果が得られず、仕事が忙しいのもあって
そのまま放置してあります。
首の痛みはいまだひかないので
「一生この痛みと付き合うことになるのはやだ!」と思ったのですが、
なにせ1年前の怪我。。
治らないのではないかと心配です。
こうゆう場合はどのような治療が有効だと思われますか?

[回答]
1年経って軟部組織の損傷は修復されていると思いますが、頚椎や顎の関節にゆがみを生じて後頭部やその周辺に負担や過緊張が起こっているのではないかと思います。

レントゲンでは認識できない程度の関節のひずみや引っ掛かりと考えていただければ結構です。

自然に放っておいても、いずれ痛みは治まる可能性はありますが、関節の負担やゆがみが消失することはありません。

こういったケースにはカイロプラクティック療法の有効性が示されています。頚椎の負担がかかっている部分をピンポイントで矯正することで症状が改善すると思いますよ。

カイロプラクティック療法では、頚椎を含めた背骨や顎の関節の配列を整えることで緊張を緩めていきます。

矯正に痛みは伴いませんので安心してカイロプラクターにご相談いただくと良いと思いますよ。


藤原 邦康 【米国公認ドクター・オブ・カイロプラクティック】
カイロプラクティック&ボディケア オレア成城