あなたの役に立ちそうな、健康情報に関する情報を代わりに集めてきました。更に専門エディターの切り口から、記事ごとに感じたコメントを紹介していきます。

色々な視点からの情報があってこそ、「健康という大きなテーマ」に対して役立つものになるのでは?と考えているのが、『健康情報辞典』のサイトコンセプトです。

[Q&A]足首の捻挫

[ご質問]
主人なのですが、バスケットをしていて、着地に失敗し左足首を捻挫してしまいました。日曜の夜ということもあり、救急で総合病院にいったのですが、骨に異常はなく、湿布をしていただき包帯を巻いていただいて帰宅しました。
帰宅後RICEを施しましたが他にするべきことはありますでしょうか?仕事は電気設備工事士なのですが一日も早く仕事に行かなければなりません。BESTな家での治療方法はありますか?
以前、捻挫したときは外科に行き、ギブスで固定をし1ヶ月安静をしいられました。
ご回答よろしくお願いいたします。

[回答]
自宅で行なうことができるのは、安静とアイシングです。炎症が治まった後は温熱療法が有効です。患部をなるべく動かさないようにして、温めてあげることをおすすめします。

捻挫というのは靱帯や関節包の損傷を指します。靱帯というのは骨と骨をつなぐベルトです。

外傷によって靱帯が伸ばされたということは、つまり骨と骨の間が大きく動いたということです。当然、足首の関節のゆがみがみられるはずです。

これに対しては、(炎症が引いた後)カイロプラクティックの矯正によって関節の配列を調整する必要があります。その後、テーピングをすることによって関節の位置を正しい状態に保てば治癒が早くなると思いますよ。

四肢の矯正を得意とするカイロプラクターをお問い合わせいただくことをおすすめします。


藤原 邦康 【米国公認ドクター・オブ・カイロプラクティック】
カイロプラクティック&ボディケア オレア成城