あなたの役に立ちそうな、健康情報に関する情報を代わりに集めてきました。更に専門エディターの切り口から、記事ごとに感じたコメントを紹介していきます。

色々な視点からの情報があってこそ、「健康という大きなテーマ」に対して役立つものになるのでは?と考えているのが、『健康情報辞典』のサイトコンセプトです。

[Q&A]腹部・背中の不快感

[ご質問]
こんにちは。

右腹部・背中の不快感で困っています。
腹部といっても苦しいのは肋骨のしたら辺なんですが、この症状は座っている姿勢のときに強く出ます。
立っているときはそこまで症状が強くありません。むしろ座っていて苦しくなったら立てばほぼ症状が
なくなります。

座っているとだんだん苦しくなってきて、吐き気もでてきてしまいます。肋骨の下のあたりが詰まっている感じがする・下の方向に引っ張られている感じもします。最初は右腹部・肋骨の下あたりが不快になってきて、その後右の腰の辺りに鈍痛が起こるようになります。
もうこの症状に9ヶ月ほど悩まされており、日常生活もままなりません。(この症状が原因で大学に通えず困っています。)

胃カメラも飲んでみましたし、内科にも何度も通いましたがまったく原因がつかめません。胃自体には問題はないようです。姿勢からくるものかな?とも思い、整形外科にも行ってみたのですが何もつかめませんでした。

このような症状の人はいるのでしょうか?
治るのでしょうか?

よろしくお願いします。


[回答]
ご質問ありがとうございます。

医学的な検査で異常が見つからないことや背中に違和感があることなどを考慮すると、胸椎・肋骨などを含めた胸郭に負担がかかっていることが考えられます。

こういった症状にはカイロプラクティックが有効です。背骨全体の負担を軽減することで自律神経の伝達を改善することができますし、可動性を増して呼吸を深くすることも可能です。

矯正に痛みは伴いませんので、まずはカイロプラクターにご相談いただければと思います。

藤原 邦康 【米国公認ドクター・オブ・カイロプラクティック】
カイロプラクティック&ボディケア オレア成城